金属アレルギーに対しての抗アレルギー薬

抗アレルギー薬は、ケミカルメディエーター遊離抑制薬、エイチ1受容体拮抗薬、トロンボキサン受容体拮抗薬、ロイコトリエン受容体拮抗薬、ティーエイチ2サイトカイン抑制薬に分類できます。
この中で最も効果が強く、即効性があるのはエイチ1受容体拮抗薬です。
この薬は、ヒスタミンと呼ばれるケミカルメディエーターの一種の受容体であるH1受容体を遮断することにより、ヒスタミンの引き起こす、蕁麻疹、鼻炎などのアレルギー症状を抑える抗アレルギー薬です。
このエイチ1受容体拮抗薬がイソジン消毒の際のアレルギー、金属アレルギーに効果があるのか解説します。

イソジン消毒によるアレルギーはイソジン消毒液に含まれるヨードによって引き起こされるアレルギーで、1型アレルギーに分類されます。
この1型アレルギーに対しては抗アレルギー薬は有効であり、特にヒスタミンの関与が大きいため、エイチ1受容体拮抗薬は最も有効な薬です。
ただ意識障害などを伴う場合には、エイチ1受容体拮抗薬だけでなく、アドレナリンやステロイドも併用されます。

次に金属アレルギーに関してですが、金属アレルギーはイソジンのアレルギーとは異なり、遅発型アレルギーと呼ばれる4型アレルギーに分類されます。
この4型アレルギーとヒスタミンの関連性は少なく、ティー細胞が関連するアレルギーです。
よって、ヒスタミンの働きを抑えるエイチ1受容体拮抗薬では効果は得られず、この場合免疫を抑制する治療が行われます。
代表的な薬剤がステロイドです。

このようにただアレルギーといっても、様々な機序によって引き起こされるアレルギーがあり、それぞれ対処法が異なります。
必ず医師の診察、診断を受け、それに合った治療を受けるようにしましょう。