おたふくの予防で気をつけることとは

おたふく風邪になった男性

オタフク風邪とはムンプスウイルスに感染することで発症するものです。
感染力が弱いので感染しても症状が出ないと言う場合もあります。
オタフク風邪の感染が多い年齢としては1歳から2歳の乳幼児には少なく、3歳から10歳と言った小児に多く見られます。
ムンプスウイルスはくしゃみや咳などによって、ウイルスが飛び散る飛沫感染や接触感染によってうつってしまうため、保育園や幼稚園、小学校など子供が多くいる場所で流行る傾向があります。

オタフク風邪の症状としては、耳下腺部の腫れがみられます。
一般的には片側から始まり、1日から2日すると両側が腫れてきますが、片側しか腫れない場合もあります。
始めの3日間ほどは腫れている部分に痛みが伴い、多くの場合発熱も起こりそれによる頭痛や腹痛なども起こることがあります。
オタフク風邪のムンプスウイルスの感染期間は耳下腺部の腫れが現れる前後5日間とされています。
腫れがあらわれる前などには感染しているかどうかがわからず、その間に他の人に移してしまうことがあるため自己予防は難しいとされています。

予防としては予防接種を受けることが一番効果的です。
予防接種で体の中に抗体をつくることで、予防効果は90%ほど見込めるとされていますし、感染しても比較的症状が軽くて済みます。
予防接種を受ける際に気をつけることとして、アレルギー疾患などで抗アレルギー薬を服用している場合には、抗アレルギー薬服用中であることを医師に申告してください。
また抗アレルギー薬の服用は予防接種の前日は服用しないようにすることが思いもよらない副作用につながらせないためにも大切です。
オタフク風邪の予防は任意であるため、その料金は個人の負担となります。
料金は医療機関によっても異なりますので、事前に料金を確認しておくと良いでしょう。